ホーム > 健康・福祉 > 衛生・動物愛護 > 食品衛生 > 食中毒関係情報 > 災害発生時の避難所における食中毒予防について

更新日:2020年7月9日

ここから本文です。

災害発生時の避難所における食中毒予防について

台風・大雨による水害や地震などの自然災害は突然におこります。

大規模な災害が発生した場合には,水道水,電気及びガス等のライフラインが寸断され,物資の不足等により衛生状態が悪化し,食中毒の起こりやすい状況になることが懸念されます。過去にも,救援物資等による食中毒が発生しています。

鹿児島県では,災害発生時の食中毒予防のポイントについてリーフレットを作成し,食中毒予防を呼びかけています。災害発生時でも,慌てず対応できるよう食中毒予防のポイントを把握しておきましょう。

災害時の食中毒予防災害時の食中毒に注意しましょう

【鹿児島県】災害時の食中毒予防(PDF:559KB)

【厚生労働省】食中毒予防のために!~被災者の皆さまへ~(PDF:617KB)

【厚生労働省】避難所生活を過ごされる方々の健康管理に関するガイドライン(外部サイトへリンク)

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

くらし保健福祉部生活衛生課

電話番号:099-286-2786

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?